2007年02月28日

窯焚き会

窯の焚き口

先日、いつも通っているカレッジの先生の自宅スタジオにお邪魔してきました。先生の薪窯に作品を入れてもらったみんなで、窯焚きのお手伝いに出かけたのです。

先生のお宅は私たちの住んでいる辺りから、フリーウェイで約2時間、ワインで知られるソノマカウンティーにあります。朝7時の約束に合わせ、朝5時には我が家を出発しました。夜行性動物の私にとっては、奇跡的ともいえる早起き。

サンフランシスコを通過した辺りまではよい天気だったのですが、目的地が近づくにつれ怪しい天気に。昨日書いた通り、私の嵐を呼ぶパワーには自分でも驚くほどですたらーっ(汗)

薪釜

雨の中とはいえ、窯の周りには屋根があるので大丈夫。最高温まで温度を上げるため、タイミングを見計らいつつ薪をくべます。ただ待っていると寒いので、薪をくべる係をやりたい人続出でした。

窯の中

側面の小窓から見た、窯の内部。これはまだ温度が上がる前です。それでも真っ赤。

目標の1250度には、お昼すぎに到達。そのあとソーダを数回窯に注入して、焼成は終了しました。あとは数日かけて、ゆっくり窯を冷やせば窯出しとなります。
窯で焼きマシュマロ

残った火で、子供たちは焼きマシュマロわーい(嬉しい顔)

このあと近くの美術館に脚を運び、さらに先生のお宅でお食事をご馳走になってから、帰宅しました。帰りはめったにないくらいの土砂降り。すっかり雨にたたられた一日となってしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)

あの、「(どんぐり改め、ミイラ改め、)みのむし花入れ」がこの窯の中に入っています。窯出しは火曜日の予定とか。焼き上がりが楽しみです。
posted by Hannaママ at 15:09| サンフランシスコ ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 陶芸とやきもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホント、ここんとこお天気は悪いし寒しでなんか悲しいねー。
みのむし花入れの出来上がりが楽しみだわん♪
Posted by Hit Me at 2007年03月02日 09:51
Hit Meさん
みのむしちゃん、焼きあがっているようなのですが私はまだ見ておりません。どうなったか、私もどきどきわくわくです〜
Posted by Hannaママ at 2007年03月02日 14:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34917209
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。